最近、同級生だと知り、勝手に親近感が湧いたゆーすけべーさんが日記に書いていて爆発的な勢いをみせているfacebookについてです。


はい、facebookきちゃいました。
2週間くらい前に一緒に採用やってもらっている子に、この話をしていたばかりで、「そのうち流行るよ。2年後とかかな。」とか言っていたら、2週間だったからビビりました。

火付け役はこのへんのエントリでしょうかね。

フェイスブックがはじまりそうな件 - ゆーすけべー日記


twitterの要素、チャット、はてブ(ソーシャルフィルタ)、SNSとかを兼ね備えていて、常に動的なコンテンツになるのがfacebookなんですね。はい、べんりですね〜 素敵ですね〜



◆私のfacebookページ
37)



















ここ数日、一気に友達申請がきて、ほいほい承認していって、思ったのが、友達が多くなればなるほど、最新情報がTwitterのTLのように、どんどん動きます。そこで、いいね!ってしたり、及川奈央!って言い合って遊ぶんですw

パッと見は時間軸になっていて、まるでTwitterのTLのようなんですが、TwitterのようにTLの1割をみれば良いと言った感じではないんですね。TL追えなくなると、ああついていけていないなーと思う程、有益なコンテンツが集まっているイメージ。


簡単にいうと、皆がインターネットブラウザ開くと、TOP画面がfacebookになるってこと。
それくらい、有益な情報が集まってきているイメージがある。

今までは広い広いインターネットの世界を検索で探しまわって、自分の欲しいものを手に入れるイメージ。ドラゴンボール7つ集めるほどの苦労ですね、きっと。

でも、これからは、インターネットの世界で良質なものだけが集まっている感じ。
ソーシャルフィルターとか言われていますが、はてなブックマークとかと同じで、レーティング機能があって、その人がつけたレーティグの高いものが信頼できるWEBサイトっていうことになる。
自分の為に集めたドラゴンボールが、実はみんなのためにも使われちゃっている感覚でしょうか。


◆アプリケーションのページ
12)









そんで、facebookといえば実名登録ですね。
これが、アプロケーションのページには、「開発者について」という欄があって、そこに開発者をアップできたり、ファンページであれば会社概要として、facebook内の役員たちを登録できたりします。
これは、勝手に自分の情報が公にまとめられている、っていうことですね。
引き抜かれやすくなりますよね。このあたりはlinkedinよりよく出来ています。

このあたりが日本に合わないと言われる所以でしょうかね。
でも、これ11月くらいに爆発的にはやりますよ。


11月にリクナビがiPhoneとAndroid対応を予定していて、スマートフォンがなければ就活できないよーというプロモーションをしかける。そのタイミングで、facebookとリクナビがsyncして、リクナビからある程度の情報がfacebookに流し込めて、登録がすごく簡単になるんだろうな。
あとは11月にでるというリクナビアプリがあれば、就活にはリクナビ+facebookという最強の構図が出来上がる。


◆リクナビ×facebook
about_01


ここ最近、個人情報の観点からOB訪問が難しく、企業研究ができぬまま就活を進めている学生がほとんどだった。しかし、facebookで、Aという会社を志望すると、同じ大学でA社にいる先輩のリストが表示される。ここでコンタクトをとれば、個人レベルでOB訪問ができてしまうわけだ。

そして、今までは内定後に「B社2012内定者コミュ」とかがmixiで出来るのが一般的でした。今後は、「B社を希望する学生」の一覧が出てきて、みん就のように、これからB社をうけようとしている人の実名コミュニティが出来上がるのだ。
しまいにはチャットも、skypeも搭載される。

もう、学生にとっては、切っても切り離せない採用のSNSになるのだ。
...ということで、有益な情報をみるには100名くらいのお友達をfacebookで作り、その中で情報を得るようにしてみてください。ハッキリ言ってムダな情報が一気に減りますよ。

そして、今年の冬くらいが一気に学生が流れこんできて、なんだこれ!?とかいうようになることでしょう。

それくらいfacebookは、日本版linkedinになる可能性を持ったWEBサービスだと思っています。
思っています、というか流行りますよ。間違いなく。


ということで、C社をベンチマークするD社が、C社を志望している学生向けに広告売っちゃうんだろうね。ってか、リクナビさん、自分たちの首絞めてない?w




◆◆◆